ビフォーアフターの革 お手入れが大切!!

スポンサードリンク

皆様こんにちは!!

いつもシエロスカーラブログを見て頂きありがとうございます。

今回は製品のご紹介ではなく革の変化を見ていきたいと思います。

 

皆様も一度は聞いた事があると思います。

”革の味が出たね~”

”経年変化が楽しみですね~”

”色が変わったね~”

などなど、革ってそんなに変わるの???

え~自分が持っているバッグはそんなに変わらないよ!!

などなど・・・

 

様々な声が飛び交う中、ここで一つ革のうんちくをお話したいと思います(^^)

まずは、かなりですが、大きく革の種類を分けると化学薬品でなめしたクロームなめし革

木の樹脂などから採れるタンニンでなめすタンニンなめし革があります。

※なめす(鞣す)とは動物の生の皮を自分たちのような方々が使用できるように加工することをなめしと言います。

皮→革という字になる瞬間です!!

 

クロームなめし革はなめす期間が短く出来ることか市場に沢山出回っています。

また、特長としましては、傷もつきにくく色の変化もしにくいのが特徴です。

最近は色々なことが改正されてきていますが、以前は処分でクローム革を燃やすとあまり良くない煙が出る事から、焼却処分が出来ない革もあったと聞いております!!

しかし、タンニンなめし革は木の樹脂からの成分でなめしておりますので、燃やしても問題ありません。

また、このタンニンが紫外線や使っている時の手の脂などに反応し色が変化していくのです。

革ですので、しっかり脂をしみこませてあげるといつまでも長持ちします。人間と同じですよね!

紫外線に反応して日焼けするのと同じことなのです。

勿論大切に保管しているだけですと、水分を含みカビの原因にもなります。やはり、使ったあげてきちんとオイルなどを塗ったあげることが大切なのです。

こちらが作りたて!!ビフォー

こちらが2年経った製品アフター

どうですかこの変化!!

まさにアメ色に変化した。革の持ち味をバッチリ引き出した製品ですね(^^)/

これが楽しみでタンニンなめしの革で製品を制作しております!!

後は皆さまが使って頂き完成品になるのです(^^)/

さあこれからの季節にピッタリです。今から本物の革製品を持ってみてはいかがでしょうか?????

スポンサードリンク

あなただけの革製品をつくってみませんか?

このブログで紹介しているような各種のオリジナル商品を、お客様のご要望をお伺いしながら、一品一品を丁寧にお作りしています。

あなたもこの機会に一品つくってみませんか?

まずはお気軽にご相談ください!